ED治療薬

AGA治療薬・育毛剤

避妊薬・ピル

抗生物質・性病薬

お得なセット医療品

角膜炎・結膜炎の症状・治療方法と通販医薬品一覧

このページでは犬や猫に関する角膜炎・結膜炎に効果的なお薬や、病気に関する症状と治療方法を紹介しています。

ペットを飼っている飼い主様には知って頂きたい情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

通販でも人気の抗生物質を含んでいる軟膏薬を取り扱っていますので、クラミジア性角膜炎やマイコプラズマ性結膜炎などの目の病気になってしまった際にはお役立てください。

犬や猫の結膜炎に関する症状や治療方法

結膜炎

【原因と症状】

犬や猫の結膜炎の原因は、主にホコリや細菌などのウイルス感染があります。それらが原因で目が傷ついてしまったり炎症が起こります。

結膜炎にはクラミジア感染、マイコプラズマ感染が原因で起こる事も多いとされていますので、気を付けておきましょう。

結膜炎の症状としては、目ヤニや結膜の色が変化するなどの症状が現れたり、涙の量が多くなったりして目が充血したりもします。

【予防・治療方法】

主な予防方法としてはワクチンの接種が良いです。ウイルスによる感染やクラミジアなどの感染によって起こる結膜炎をしっかりと予防する為にはワクチンの接種が有効とされています。

また、外出が多い場合にも感染しやすくなりますので、万が一上記のような症状が現れた場合には早めに動物病院で受診することをオススメします。

当サイトのような通販でも抗生物質を含んでいる軟膏薬を取り扱っていますので、商品説明を確認してお役立てください。

犬や猫の角膜炎に関する症状や治療方法

角膜炎

【原因と症状】

角膜炎の原因は結膜炎にと近しくホコリやウイルスなどの原因が多いです。また、角膜炎には外因性と内因性があり潰瘍性角膜炎・潰瘍性角膜炎などとも呼ばれています。

外因性の場合は、その名の通りで目をこすったり傷ついてしまう事による原因、内因性の場合は、細菌やアレルギーによる原因があります。

症状としては結膜炎と同じように涙や目ヤニが増えたり、光をまぶしく感じたりします。

【予防・治療方法】

予防としてはワクチン接種が主流となっており、放置し過ぎたり重症になってしまうと場合によっては手術が必要となります。

犬や猫も人と同じですので、病気の前兆があった場合などは早々に動物病院に行って受診するか、お薬などで治療する事をオススメします。

その他の目の病気

結膜炎や角膜炎以外にも目の病気として白内障緑内障があります。

主に目に対する傷や外傷などが考えられ、食欲不振や目の充血などの症状が現れますので、これらの症状も意識しておくと良いでしょう。

下記にはクラミジア性角膜炎やマイコプラズマ性結膜炎などに効果的な軟膏薬やお薬を紹介していますので、詳細は商品ページよりご確認ください。

テラマイシン軟膏(terramycin)5mg 3.5g

terramycin

テラマイシン軟膏(terramycin) 5mg 3.5gmは、クラミジア性角膜炎、マイコプラズマ性結膜炎など犬の目に関する症状に効果的なペット用のお薬です。まぶたに使用することによって治療効果が得られます。犬を飼っている飼い主様が通販で購入している人気軟膏薬です。

定価:3,380円 特別価格:2,820円
テラマイシン軟膏(terramycin)5mg 3.5g

▲ページ先頭へ戻る