ED治療薬

AGA治療薬・育毛剤

避妊薬・ピル

抗生物質・性病薬

お得なセット医療品

梅毒の症状・治療方法と通販医薬品一覧

このページは感染症・性感染症梅毒の症状や対策、治療に効果がある医薬品の紹介ページです。

梅毒は古くから有名な性病です。1992年に抗生物質ペニシリンが発見されてから、梅毒により大きな被害はなくなり完治させることができるようになりました。梅毒は非常に感染力が強いので、早期発見、そして治療を心がけましょう。

梅毒とは?

悩む女性

梅毒は古くから有名な性病です。1992年に抗生物質ペニシリンが発見されてから、梅毒により大きな被害はなくなり完治させることができるようになりました。

梅毒の症状は大きくわけで4段階にわかれます。現在では治療が可能となりましたが、決して安心はできません。梅毒は症状が進行すると日常生活に支障をきたす病気で、最悪の場合は死亡する恐ろしい病気なのです。早期発見、そして治療を心がけましょう。

梅毒の感染経路

梅毒は梅毒トレポネーマという細菌に感染することによっておきます。

主に性行為やオーラルセックスで感染し、1回の性行為で梅毒になる確立は15~30%です。

また、非常に感染力が強いので口周辺に怪我をしている場合、キスだけで感染してしまうこともあります。

梅毒の症状

梅毒に感染すると、およそ3週間リンパ節が腫れたり感染部分に小さなしこりができます。このしこりはしばらくすると消えますが、梅毒の病原菌は体内に広がり、少しづつ体を蝕んでいくのです。

男女ともに症状は同じで、3週間・3ヶ月・3年・末期と4期にわかれます。

3ヶ月経つ頃には、手足や全身に赤い発疹ができたり、脱毛症状がでます。これらの症状は最大3年ほど続きますが、自然に消えていきます。

感染から3年ほど経過すると、皮下組織に大きなしこりができます。そして10年後には、皮膚や筋肉、骨にゴムのような腫瘍が発生し、顔の形が変わるほどまでになります。(医療が発達した現在でここまで症状が進行することは稀です)

梅毒感染から10年以降になると、心臓、神経、臓器、目などに重い症状が出て最悪の場合は死に至ります。(医療が発達した現在でここまで症状が進行することは稀です)

梅毒に感染しているとHIV(エイズウイルス)にも感染しやすいと言われています。

梅毒の治療方法

性病の1種である梅毒の治療方法は、まずペニシリンと呼ばれている抗生物質を使用する事が優先されています。

ペニシリン系の医薬品を使用して、感染後の症状を見つつ薬の投与を進めていきます。

また、妊娠中の梅毒治療に関しては、妊娠初期の段階であれば、ペニシリン内服薬で治療を進めていきます。ペニシリン系の薬にアレルギーがある場合などは、胎児への副作用も考えて他の薬を使用する場合もあるようです。

どんな性病でも早期発見・早期治療が必要ですので、早めに医師に相談したり、治療薬で直しておきましょう。

当サイトでは、梅毒に効果的な医薬品を通販で購入できますので、商品について詳しく知りたい方は、商品ページよりご確認ください。


アモキシシリン(Amoxicillin)500mg

alphamox

アモキシシリンはペニシリン系抗生物質に分類され、性行為による梅毒・淋菌などの感染症ウイルスに効く治療薬です。主成分はアモキシシリンでウイルスの増殖を抑制する作用があります。そんなアモキシシリンの効果内容や副作用などを紹介しています。

定価:1,460円 特別価格:1,220円 売り切れ
アモキシシリン(Amoxicillin)500mg

アジスラル(azithral)100mg(ジスロマックジェネリック)

azithral

アジスラル(azithral)アジスラル ジスロマックジェネリック 100mgは、クラミジア感染症・淋病・梅毒などの性病治療や皮膚感染症に効果的なお薬です。有効成分のアジスロマイシンが性病治療に効果的として抗生物質の役割を担ってくれます。

定価:3,520円 特別価格:2,930円
アジスラル(azithral)100mg(ジスロマックジェネリック)

▲ページ先頭へ戻る